薄毛の治療に必要な費用

薄毛に必要な費用はどれくらいなのでしょうか?

その前に薄毛の原因がAGAかどうか調べる必要があります。


AGAとは「男性型脱毛症」と言われるもので、男性ホルモンが髪の成長を妨げる物質に変換されることでおこる病気です。

ほとんどの薄毛はAGAが原因ですが、ストレスによる一時的なものもあるのでチェックをしてもらう必要があります。

チェックはAGA専門のクリニックなどでしてもらうことができます。

最近では内科医や皮膚科などでAGAの治療ができると言われていますが、ほとんどが詳しい検査をおこなうことができません。多くは軽い問診の後に薬を処方する程度です。

その為、薄毛の原因や一歩進んだ治療をしてくれるAGA専門のクリニックを利用する必要があります。

ですが、費用が高いのではないかと思うでしょう。

実際の治療が始まったら治療費を支払う必要がありますが、チェックとカウンセリングまでなら無料で行ってくれるクリニックを利用するといいでしょう。

大手のクリニックの多くは無料なので、インターネットなどで簡単に調べることができます。

薄毛治療でカウンセリング

具体的な費用は?

薄毛治療専門のクリニックで治療した場合の費用はいくらくらいなのでしょうか。

東京都内や各都市で40医院あり、さらに拡大中の【AGAスキンクリニック】の例を見てみます。

(1)カウンセリング
費用 無料

カウンセリングで頭皮の状態や治療をするべきかどうか判断します。無料で受診することができます。
治療をした場合に必要な費用を教えてもらえるので、薄毛の治療を開始するかどうか決めましょう。
もちろん断ることもできます。

(2)治療開始
費用 25,000円(期間限定で無料キャンペーンを実施)

血液検査や頭部の撮影、治療薬の処方をおこないます。
治療薬は個々に合ったものが用意されます。
また血液検査により、髪の育成に必要な栄養で現状足りないものの判断などをします。
以降の治療に必要な検査です。

(3)通院
費用 20,000円程度から

一月に1回または二月に1回程度通院して治療を行います。
治療内容は薄毛の進行度によって変わってきます。
薄毛初期の場合は、AGA治療薬として国内で承認されている「プロペシア」や「ファイザー」が処方されます。
これが一番費用が安くなるケースです。

薄毛が進行するごとに費用は高額となります。
髪が完全になくなってしまっている場合、月に10万円程度必要なケースもあります。
治療期間を長くすることで費用を抑えることもできます。

どんな方法が自分にとって一番いいのか判断が難しいので、カウンセリング時に遠慮なく相談をしましょう。
分割払いが可能な場合もあります。

>>>AGA治療ができるクリニック一覧<<<


今すぐ治療を開始すべき理由

薄毛治療に必要な費用をカウンセリング時に説明してもらい、ちょっと高いなと思う人が多いと思います。

生活ができなくなるほどだったら諦めるしかありませんが、頑張れば大丈夫かな?お金を貯めてから治療をしようかな?という人は治療を開始するべきです。

AGAは進行する病気です。最初は髪がだんだん細くなります。この時点で髪の密度が減るので薄毛が気になり始めます。

その後髪が抜け落ち、最終的に「はげ」と言われてしまいます。さらに月日が経つごとに範囲が広くなっていきます。

髪が細い状態からの治療と、はげてしまってからの治療では圧倒的に後者の方が難しいのです。

その為高度な治療が必要となり、費用も大幅にアップします。

さらに治療期間も数年単位の開きが出てきます。

その分費用がアップします。

このように薄毛治療は早ければ早いほど必要な費用が安くなるのです。

一刻も早い治療の開始をおすすめします。

この記事で紹介しているAGA治療専門クリニック


【AGAスキンクリニック】

全国40か所あるAGA専門クリニックです。
医師自ら体験している治療方法なので、信頼できます。

10代から60代とさまざまな年代の薄毛に悩む人達が利用しており、99%以上のが治療結果に満足しています。(AGAスキンクリニックのアンケート調べ)
さらに6か月後に42%が毛が増えたと感じています。

初期治療(カウンセリング後)に25,000円の費用がかかりますが、期間限定で無料キャンペーンを実施しています。


もしかしたらAGAを発症しているかも?!気になる症状別にチェックしてみよう!


男性型脱毛症のことをAGAといいます。このAGA、放っておくとどんどん頭の薄毛が進行してしまいます!気になる症状をチェックしておきましょう。

チェック1:髪の毛の弾力がなくなってきた。

AGAを発症すると髪の毛の成長サイクルが乱れてしまいます。そのため、しっかりとした弾力をもてない、細く弱い髪の毛になってしまうのです。髪を触ったときに弾力がなかったり立ち上がりが悪くてぺたんと潰れてしまったようになってしまう場合は要注意です。

チェック2:抜け毛が多くなってきた。

症状が進行してくると抜け毛が多くなります。髪の毛の成長サイクルの乱れと成長期の短縮化で頭髪がきちんと育成されず、抜け落ちてしまうのです。

チェック3:抜けた毛が短く細い毛ばかりある。

AGAの症状で抜けた毛には特徴があります。きちんと育つことができずに抜けてしまうので大抵短く、髪も細く弱々しい髪が多く抜けてしまうのです。

チェック4:生え際やつむじ部分の髪が薄くなってきた。

AGAは頭皮にある5−αリダクターゼが男性ホルモンと結合し、薄毛を引き起こすDHTを作り出してしまいます。そのため、AGAを発症すると5−αリダクターゼが高濃度に存在する生え際や頭頂部のつむじ部分から薄毛が広がっていくという特徴が見られます。

以上のような症状が確認できたら、AGAを発症している可能性大です!AGAは、早めに対処すれば薄毛が広がるのを抑えることができるのです。「そのうち治るだろう」なんて甘い考えをもたず、早期に治療を開始して薄毛を改善していきましょう。

AGAによる薄毛とストレス性の薄毛の違いと発毛治療

薄毛になる原因は様々です。睡眠不足や栄養不足でも薄毛を引き起こします。

現在の薄毛の原因として最も多く見られるのはAGA(男性型脱毛症)とストレス性のものです。同じ薄毛でも、この両者の薄毛になるメカニズムは違っています。

ですから、それぞれに応じた治療法を進めないと薄毛は改善されませんし、どんどん進行してしまいます。

ストレス性の薄毛では、神経性脱毛症や円形脱毛症があげられます。神経性脱毛症は不正形線状や地図状にだんだんと毛が抜けてくる症状、円形脱毛症は十円玉大の脱毛部分が出始める症状が見られます。

このストレス性の薄毛の場合、文字通りストレスからくる薄毛の症状なので、抱えているストレスを解消することで薄毛症状が緩和されてくる場合があります。

AGAによる薄毛では、頭頂部やおでこの上の生え際から薄毛・抜け毛が始まり、どんどん薄毛が目立ってくるような症状が見られます。

AGAは少し前までは遺伝で仕方がないものだと思われていました。しかし、現在では薄毛を引き起こす男性ホルモンが判明し、男性ホルモンが頭皮の酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンを作り上げ、その成分が毛根に影響を与えて正常な毛髪の成長ができなくなるというサイクルが解明しました。

この悪循環のサイクルを断つ薬を服用することで、AGAも改善されることがあります。

このように、AGAによる薄毛とストレス性の薄毛では治療方法がまったく違った方法で薄毛を改善していきます。ですから、発毛治療を始めるときにはきちんとした診断を受けて薄毛の原因を正確に見極め、正しい治療方法を進めていきましょう。